今日はいる住居の探査お天道様につき朝方の9年月から14年月まで断水が決まっていました。
ただぽっきりタイミングが酷く旦那もお休みで、私も業が15年月からでカップルとも在宅におけるステージに水が使えないので本日すごく困っていました。
当然前日にお風呂に水を見せたり、手洗い用のお水をペットボトルで確保したりはしていたのですがじつは激しく大変です。

意外と朝方起きて、常にできていることが大いにできません。
形相を洗うことも歯を磨くことも水は確保していても蛇口をひねって水が出ることが普通になっているので、そうではなくペットボトルの水を使うということが案外苦しくうまくいきません。
旦那という協力しながらいよいよ朝方の予約も済ませましたが、あきらめなくてはいけないことも何かとありました。

そうして今まで意識していなかったのですが気軽に握りこぶしを洗うことができないのでそれが著しく困ります。
ちょこっと汚れてしまったら今までならサッと洗えていたのが今はそれほどはいかないのでなるたけ汚れるものをいじくるときはまとめて取り去るようにしています。
でもあまりにうっかり触ってしまうと全然面倒なので、今までが果てしなくありがたく思いました。

最も頂点一大のは便所だ。
最初の数回はやっぱしなりましたが、さすがにカップルも在宅におけるのでタンクにたまった水が足りなくなってしまい今ではお風呂にためたお水をくみ取ってタンクに流し込んでいらっしゃる。
思った以上にタンクの中には水が必要で、根気ができずに流してしまうと中途半端に流れてしまってまた一から水をため直さないといけません。
建物にはバケツがないのでペットボトルとして何度も往復して水を流しているのですがものすごく労役だ。
おかげで廊下も便所の階もびちゃびちゃで、断水が終わったらまとめてオーバーホールしようと思います。

今回の結果今までどれだけ良いのかを再び受けとることができましたし、もうすぐ今まで以上に節水に取り組むことができそうです。
それでも今日はお風呂をためてきちん半身浴を楽しみたいなと思います。車の買い替え時の保険について詳しく解説